私の出前授業 – 皆川 清(みながわ きよし)


minagawa

講話テーマ:『英国とイギリス』

<講話要旨>
30年以上前に自分が初めて英国に駐在して驚いた事、特に、クルマを運転してカーディフ(ウェールズ)に行った時、突然、標識が英語の他の言葉で書かれていたり、ラジオ放送で知らない言葉が流れて来たこと、アイルランドの北部に英国の飛地が存在すること、Englandはイギリスのことでは無いこと知ったことなど、どれも新鮮な驚きでした。それらを判ろうと調べると、現在の”英国”と呼ばれる国の成り立ち、宗教・人種が複雑に介在する微妙なバランスの上に成長する連合王国の姿が浮き上がって来ました。欧州の一員でありながらも、自らを Britishとして誇りを持って認識するこの国の人々の気持ちも理解出来る様な気が…。先般の驚きのBREXITに至る道のりもそんな”英国”の成り立ちから考えてみると、長い歴史の自然な選択であった様に思えて来ます。

略歴:

1951年7月 東京都北区 生まれ。1970年3月 東京都新宿区 早稲田高等学校 卒業。1974年3月 慶應義塾大学 法学部政治学科 卒業。1974年4月  伊藤忠商事(株)入社。1979年9月~1982年4月 バグダッド駐在、1983年11月~1991年11月及び 2000年12月~2005年6月ロンドン駐在。2006年1月~2014年3月 (株) 協成(ガス会社向け配管材、バルブ製造)。2014年8月~2016年7月 インドネシア バタム島駐在 (鋼管ネジきり加工)。