2011年3月10日、千葉県神崎町立神崎小学校に講師を派遣しました。


3月10日、千葉県香取郡神崎町立神崎小学校に山田講師を派遣し、「大きく羽ばたこう―日本と世界」というテーマで講義を行いました。同校への講師派遣は今回で3回目となります。

 
山田講師よりは、自身の人生の紹介と海外での経験談に始まり、これからの世界に対する日本の役割について、お話をされました。生徒たちも熱心に耳を傾け、途中の設問にも元気に答え、楽しい一時間半となりました。

山田講師

講師プロフィール

  • 山田清實 (やまだ きよみ) 1946年生れ
  • 職歴: 伊藤忠商事、伊藤忠エネクス
  • 海外体験歴: エジプト、イラン、インドネシア

講演概要

テーマ: 「大きく羽ばたこう――日本と世界」

小学校時代
  *神崎町は私のふるさと
  *4回の転校(千葉―東京―山形―前橋)
  *遊びと運動に夢中 運動会はいつも一番
  *熱狂的な巨人ファンで将来の夢は野球選手
「小学校時代の一番の思い出」

中学校時代
  *3回転校(前橋―成東―千葉)
  *好きな教科は英語 転校しても英語だけは一番
  *女子に興味、初恋は中学3年
  *将来の夢はスポーツアナウンサー
「中学校でやりたい事」

高校・大学時代
  *高校はがり勉、家と学校と図書館
  *将来の夢は外交官
  *大学は初めて文化系サークルESSに入部
  *英語劇に熱中した4年間
  *将来の夢は演劇の仕事
  *やっぱり英語と海外への憧れで総合商社に入社
「将来の夢」

日本から世界へ
1)アラビア語研修生 カイロ(エジプト)
  *戦時体制下のカイロの街
  *3か月のヨーロッパ旅行
  *IBMの国
2)カイロ駐在
  *第四次中東戦争直後
  *偽札事件
  *ベイルート紛争
  *長女の出産と女房の肝炎
3)テヘラン移駐
  *イラン革命
  *決死の脱出劇
4)メダン(インドネシア)駐在
  *トタン屋根製造の合弁会社の社長
  *2千坪の大邸宅
世界は広い、文化・考え方・宗教も多岐。世界の中の日本を意識。自信と誇り。

日本はどんな国
  *東洋の小さな島国:人口、国土面積
  *資源の乏しい国:海域面積
  *貿易立国:貿易依存度、貿易相手国
  *製造業・技術立国:自動車生産台数
  *清潔な国:炭酸ガス排出量
  *教育水準の高い国:学習到達度(数学・科学・読解力)
  *経済大国:GDP
  *良く働く国民:平均睡眠時間
  *高齢化が進んでいる国:老人人口割合
世界は小さく、国境の壁は低く、世界はひとつ:政治・経済・スポーツ・文化
これからは「環境」と「心」の時代:日本人が世界をリード

サルと人と森(石川啄木)

贈る言葉 カーネギーメロン大学 ランディ・パウシュ教授
  *格好よくあるよりはまじめであれ
  *不満を口にしない
  *他人の考えを気にし過ぎない
  *チームワークの大切さを知る
  *人の一番良い所を見つける
  *何を言ったかではなく何をやったかに注目する
  *「有難う」を伝える
  *ひたむきに取り組む
  *人にして貰った事を人にしてあげる
  *謝る時は心から
  *子供の頃の夢を思い出す
  *思いやりを示す
  *決してあきらめない

講師の感想

これまでの私の人生の紹介と海外での経験談、そしてこれからの世界は「環境と心の時代」に入り、日本の技術力と日本人の自然感、文化、価値観が大きな役割を果たしていくと説明した。6年生46名はとても素直で純朴、且つ今様のセンスを持っている生徒たちでした。一時間半の間熱心に耳を傾け、途中の設問に元気に答えて、楽しい講義を持たせて貰いました。只、少々内容を欲張りすぎたかなと反省している。

生徒感想文   イメージをクリックすると拡大します