「国際人をめざす会」2018年春の交流会が開催されました。


2018年5月15日夜6時から、霞会館(千代田区霞が関3丁目、霞が関ビル34階)で、2018年春の交流会が開かれ、32人が集まりました。

 

講師は、元朝日新聞政治担当論説委員で朝日プリンテック社長を歴任した伊中義明氏。同社長を昨年6月に退任した後、8月から11月まで104日間、約1100人が乗ったピースボートのクルーズで世界一周してきた体験を語りました。

毎日さまざまなイベントが、乗客も時には主催して、繰り広げられるユニークな船旅の日常が紹介され、世界各地の写真や動画と的確な解説に参加者全員が聞き入りました。「日本だけでなく、海外にも友達ができた」と語る姿に「リタイア後の人生はこうありたい!」との感想も聞かれました。

講演会の詳細は、以下のように伊中さんが寄稿してくれました。

第一部はピースボートのクルーズについて。 第2部は旅の見聞録。講演の元になった私家版
「乗船記」からの抄録で、カンボジアで見たポルポト時代の大虐殺の跡地や自衛隊の護衛艦に守られたアデン湾の航行、ガラパゴス島での見聞などです。

第一部「ピースボート世界一周クルーズは『乗客が主役』」

報告書

第二部「世界一周見聞録(抄録)」

① アンコール遺跡ツアー

② アラビア海の護衛艦

③ ガラパゴス諸島ツアー

越村佳代子 記

講演会、懇親会スナップ写真のスライドショー