「国際人をめざす会」派遣講師リスト

〔2018年9月現在〕
No. 氏名 略歴(職歴) 講話内容要旨
海外体験国
16 岡本(オカモト) 靖彦(ヤスヒコ)
1937年生まれ
横須賀市在住
三井物産、三井石油開発(株)、エジプト石油開発(株)現在: 国公立大学評価員、エネルギー教育コーディネーター、青山学院大非常勤講師
  1. 地球化時代をどの様に生きるか、異文化理解の重要性について考える
  2. イスラム社会はどんな社会か、豊富な体験に基いて分かりやすく語る
  3. エネルギー資源(石油、ガスなど)の確保と環境問題について考える
米国、エジプト
23 松島(マツシマ) 正之(マサユキ)
1945年生まれ
世田谷区在住
日本銀行、エール大学院留学㈱ボストンコンサルティンググループクレディスイス証券
  1. 国際的視野の必要性について
  2. 日本人とは、 民族的特性について
  3. 共通語としての英語の重要性
  4. ITの活用
米国、英国
26 土田(ツチダ) 隆彦(タカヒコ)
1939年生まれ
横浜市在住
いすゞ自動車、大森ビル
  1. 日本の常識が海外で通用しない事例
  2. 日本(単一民族)と諸外国(多民族)の価値観の相違、自己のアイデンティティーを考える
  3. 日本の伝統文化・歴史を知る事の重要性
  4. 外国語の習得で外国人との触れ合いを増やす.
  5. 世界が広がり 面白さ、楽しさが増す
米国他
41 羽鳥(ハトリ) 典子(ノリコ)
1954年生まれ
柏市在住
国際ロータリー財団留学生としてポリー二音楽院に学ぶ。CMA(古楽研究所)と共にイタリア諸都市で演奏活動、聖徳大学付属高校音楽科講師
  1. 外国人の暮らしぶり、人との出会い(主にイタリア人との交友を中心)
  2. 外国で暮らしてよかった事、困った事
  3. 外国生活がその後の私の人生にどう影響したか
  4. 国際人とは何か、日本の国際化に必要なものは何か
イタリア
46 藍田(アイダ) 譲(ユズル)
1938年生まれ
厚木市在住
大倉商事 国際社会に生きる為、海外で学んだことを伝えたい。

  1. やさしい国際理解の為多民族移民国家「アメリカ」の話
  2. アメリカ的生活様式と日本(アメリカナイゼイション)を考える
  3. 多文化共生をめざす多民族移民国家「カナダ」
  4. 国際社会に生きる力とは何か、又、どう身につけるか
米国、カナダ(LA, NY, VCR) 駐在13年、24ヶ国への海外出張経験
72 三橋(ミツハシ) 純子(ジュンコ)
1960年生まれ
横浜市在住
(財)癌研究所、慶応義塾大学薬学部 ・日本と外国の小学校生活の違い、常識の違い、子供の育て方の違い。
・海外での出産体験について
・移民の暮らしに就いて何故彼らは他国での暮らしを選んだのか
・英語上達法
カナダ
82 宮本(ミヤモト) 進(ススム)
1938年生まれ
川崎市在住
三井物産、三井情報開発㈱
  1. 海外における会社経営 (現地法人社長、日本人商工会会頭経験)
  2. 海外における子女教育 (日本人学校理事経験及び自らの海外における二人の育児経験)
  3. 旅行、スポーツ、音楽等趣味を通した海外経験
イタリア、カナダ
83 井上(イノウエ) 敏之(トシユキ)
1944年生まれ
渋谷区在住
ユニバーサル葉煙草会社、東外大、英語ディベート講師
  1. 米国に於るスピーチ教育
  2. フレンドリーディベートのすすめ
  3. アメリカの会社に20年いて学んだこと
  4. どうしたら英語が上手になるか
  5. 使える英語を学ぶには(中学講師の体験談)
  6. 世界はおもしろい(講師の失敗談をおもしろく、おかしく)
米国、アフリカ、アジア、豪州
85 猪爪(イヅメ) 貴保(タカヤス)
1943年生まれ
佐倉市在住
日本アイ・ビー・エム、勝浦中学校、葛西二中、鐘淵中、品川区教育委員会, 湊中、鹿骨中、銀座中,一橋中都教職員研修センター 学校における国際交流

  1. 米国、中国の公立学校/教員との交流経験を通しての学校経営(国際理解教育の視点から)
  2. カリキュラム編成
  3. 朝礼講話(アイディア創出と話し方の工夫)
87 湯沢(ユザワ) 三郎(サブロウ)
1940年生まれ
横須賀市在住
ジェトロ、エルサルバドル大使
  1. なぜ分かり難い日本人
  2. 日本から見る世界、世界から見る日本
  3. 外国人ビジネスマンの対日観
スペイン、米国、ブラジル、ペルーエルサルバドル
90 岩動(イスルギ) 達(トオル)
1950年生まれ
渋谷区在住
ペンタインターナショナル
  1. 外国人(フランス)との婚姻生活で、3人の子育て経験
    -国際人とは
    -インターナショナルスクール体験記
  2. 日本の伝統芸能の後継者として、国際人として必要な要件とは
    -350年の伝統をもつ三味線音楽との出会いから、海外公演にいたるまで
  3. 小学校時代を英国で体験して
英国、エジプト
94 梅村(ウメムラ) 将夫(マサオ)
1941年生まれ
横浜市在住
神戸銀行(現 三井住友銀行)、岐阜大学、岐阜経済大学
  1. 海外体験で得たテーマ ―― 英語の重要性と国際人として勉強すべき事柄
  2. 仕事を通じ体験したテーマ ―― 国際金融危機
英国、UAE,香港、
96 菊池(キクチ)紀男(ノリオ)
1945年生まれ
町田市在住
伊藤忠商事 ・自分自身、自国をより良く理解する為には外へ出よう
・自分の殻を破るのに、海外は絶好の機会
・外国人との接触で、考え方の多様性を学ぶ
・日本の技術者が不可能と言うことでもやってしまう、ブラジル人、アメリカ人
ブラジル、米国
97 阿部(アベ)清(キヨシ)
1946年生まれ
横浜市在住
第一銀行(現 みずほ銀行)、古河不動産、古河機械金属 ・ドイツ語圏10年の生活経験を踏まえた日独社会比較― ドイツ(人)と日本(人)の違い、特徴等
・国際人をめざす青少年に対して、日本(人)の長所、欠点、問題点、自身を再考する視点・ヒントの提供
ドイツ、スイス
98 木村(キムラ)正文(マサフミ)
1951年生まれ
品川区在住
伊藤忠商事、伊藤忠丸紅鉄鋼、淀川製鋼所 中国を知り、中国とどう付き合うか?
・日本人と中国人
・中国の歴史・中国語とコミュニケーション
・食文化の違い
・環境問題
・中国での事業経営
中国
100 関根(セキネ)純一(ジュンイチ)
1947年生まれ
川崎市在住
 日商岩井㈱(現 双日) ・自身の英語学習の体験談

  • 学生時代の英語学習の有効的方法
  • 会社時代の通訳ガイド資格取得までの経緯
  • 会社退職後の英語学習の継続と実践方法

・実践的英語学習の方法

  • 一般的な方法の比較検討
  • 英語落語の奨め
  • グループによるドラマ形式での学習
英国、カナダ、韓国、台湾、中国、米国
101 皆川(みながわ)清(きよし)
1951年生まれ
世田谷区在住
伊藤忠商事、㈱協成、インドネシアTPP社 ・『英国とイギリス』
生活文化や習慣の異なる環境に適応し、実践的な国際理解を身につけた体験談
イラク、英国、インドネシア
102 河上(かわかみ)芳明(よしあき)
1948年生まれ
文京区在住
大和銀行、シティートラスト信託銀行、ウエスタン・アセット・マネジメント㈱、大阪電気通信大学教授 ・世界をめぐるお金の話
・「グローバル化した社会」の仕組み
・これからの人世とお金(稼ぐ、使う、貯める、増やす、借りる)
・「株式社会」の仕組み、日本の会社と外国の会社
・海外から日本を見て・日本から海外を見て気づくこと・英語(外国語)は何の役に立つのか
英国、米国
103 佐久間(さくま)幸雄(ゆきお)
1946年生まれ
川崎市在住
海外出版貿易㈱、東亜サービス㈱、テイケイ㈱ ・外国語(英語)の学習
・日本紹介ガイドクラブの運営と体験談
フランス
104 宮本(みやもと)昭洋(あきひろ)
1955年生まれ
印西市在住
りそな銀行、りそなプルダニア銀行、PT.Amalgamated Tricor アドバイザー、長谷工コーポレーション顧問 ・東南アジアでの長年の勤務体験を通じて感じた日本と異なる民族、宗教、社会事情
・東南アジアと日本との関係
シンガポール、インドネシア
105 田中(たなか)宏季(ひろき)
1966年生まれ
戸田市在住
伊藤忠エネクス(株) ・地球の歴史、人間の歴史とこれまでの経済活動、それに伴う化石燃料の消費、新エネルギーや再生可能エネルギーの開発及び導入状況、現在の地球環境の解析、それらを総合的に鑑みての現状確認
・現在の課題を改めて認識し、その課題解決に向かって人間社会はどの様に協力し合っていくべきか自ら考えるヒントの付与
韓国
106 芹澤(せりざわ)健(たけし)
1976年生まれ
さいたま市在住
伊藤忠商事(株) ・日本と中東、ヨーロッパ、アメリカでの仕事の進め方、暮らし方の違いについて

  1. 仕事上での成功体験、失敗体験
  2. 海外でしか得られない体験、面白さ、難しさ
  3. 外国人と働くという事、具体的な出来事等
U.A.E.、英国
107 知夏(ちなつ)七未(ななみ) (株) Tina interX 代表
ミスコン日本代表として世界大会に出場
・世界の自慢話:海外文化の紹介、現地とのライブ中継、ビデオレター交換を通じて世界の素敵なところを知る
・日本の自慢話:日本の魅力を探しそれを海外に伝えるビデオレター作りを通じて日本の素敵なところを再確認する
・英語力を伸ばすために自分と約束する3つの事を考えるアクティブラーニング
・ミスコンから考える、世界にお友達を作る方法
・“国際的”な人になる為に身に着けたい3つのチカラ
米国、フィリピン、中国、他